2008年11月16日

君はPC-3100を見たか

 何年ぶりだろう。古のコンピュータPC-3100の電源を入れるのは。
私がこのコンピュータを初めて触ったのはもう25年前になります。このコンピュータでBASICを覚えアセンブラを覚えました(当時小学校5年生でハンドアセンブルしてZ80の機械語実行してました)。
 こちらがPC-3100本体。
2008111500.jpg
 そしてこちらが専用ディスプレイ。
2008111501.jpg
 電源を入れたらまだちゃんと動作しました。
 特徴としてはSHARPのコンピュータなのに電源入れたらすぐBASICが使えることでしょうか。S-BASIC(の亜種?)が動作します。
 あと、電卓が進化したようなコンピュータで、例えばいきなり10+15と入力してEnterキーを押下すると、25を出力してくれます。
 通常BASICを搭載したパソコンでは、print 10+15としなければ行けないかと思います。
 またProgramモードとOperationモードを切り替えるスイッチが付いており、Operationモードではまさに電卓として使うときのモードのようです(しかし当時の私は使ったことがありませんでした)。
2008111503.jpg
ラベル:PC-3100
【関連する記事】
posted by Setup.exe at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | PC-3100 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。