2006年03月21日

Darwin8.0 X86インストール

 DarwinってのがMacOSXの基本部分なのですか?
http://www.opensource.apple.com/darwinsource/からISOイメージをダウンロードできるようなので、ダウンロード後CDに焼いて自作のPCにインストールしてみました。
 インストールはインストーラに従って、パーテションの作成もすべて自動でやってもらったので難しいことは何もありませんでした。
 しかし、これって自分でXを入れないとGUIがあがらないのですね。これではおもしろくも何ともありません。XFree86からi386のbinaryを落としてきたのですが、インストールの仕方がわかりません。linuxでは何度もXのインストールはした事はあるのですが、もう10年くらい前の話ですね。
 ネットワークはDHCPでとりあえずつながるのですが、/etc/iftabに静的にIPアドレスを設定しても、どうしてもDHCPでIPアドレスを取りに行ってしまいます。変なのー。
posted by Setup.exe at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Darwin | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック