2011年08月07日

Fedora15でのVMwarePlayerのインストール その2

 Fedora15へのVMware Playerインストールを試みております(Fedora15でのVMwarePlayerのインストール参照)。
 ターミナルでrootにスイッチして、/usr/lib/vmware/binに移動して、vmplayer
su - root
cd /usr/lib/vmware/bin
vmplayer
と実行するとやっとVMware Playerが起動できました。
一度rootで起動すると、必要なモジュールのコンパイルなどが行われるのでしょうか。
以降はFedora15のメニューから起動できるようになりました。
ラベル:VMware Fedora Fedora15
posted by Setup.exe at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
blogram投票ボタン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。