2010年06月14日

Opera10.53でメニューバーが表示されない

 私は長年Windows環境でもMac環境でもOperaを愛用しております。このたびWindowsマシン(愛機LOOX T70H)のOperaを10.53へアップデートしたところ、メニューバーが表示されなくなってしまいました。
 しばらくこのまま使っていたのですが、数週間使っているうちにストレスがたまってきました。
 Webで調べたところ、「alt」キーを押下することにより、「ファイル」メニュー相当のメニューが表示され、「メニューバーを表示する」をクリックすれば晴れてメニューバーが表示されました。
 しかしメニューバーをわざわざ隠す機能があるということは、メニューバーを表示したくないという輩が結構いるということでしょうか。
 私には考えられません。
タグ:Opera 10.53
posted by Setup.exe at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

Windows Update

 外出先でWILLCOMのNS001Uを使って(WILLCOMの新つなぎ放題参照)ネットを使用しているときに、Windows Updateで「更新をダウンロード中」が表示されてしまいました。
2010030600.png
 ただでさへ細い回線を使っているのですから、なんとか途中で止めることは出来ないものでしょうか。
 コントロールパネルの「自動更新」で「更新を通知するのみで、自動的なダウンロードまたはインストールは実行しない」を選べば、次から自動でダウンロードしないようには出来るのですが、ダウンロードが始まってしまったら止めることはもう出来ないのでしょうか。
posted by Setup.exe at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows Update

 外出先でWILLCOMのNS001Uを使って(WILLCOMの新つなぎ放題参照)ネットを使用しているときに、Windows Updateで「更新をダウンロード中」が表示されてしまいました。
2010030600.png
 ただでさへ細い回線を使っているのですから、なんとか途中で止めることは出来ないものでしょうか。
 コントロールパネルの「自動更新」で「更新を通知するのみで、自動的なダウンロードまたはインストールは実行しない」を選べば、次から自動でダウンロードしないようには出来るのですが、ダウンロードが始まってしまったら止めることはもう出来ないのでしょうか。
posted by Setup.exe at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

Microsoft Security Essentials

 VirtualBoxにWindowsXPをインストールしたのですが、Windowsにはウィルス対策ソフトをインストールしないわけにはいきません。
 ウィルスセキュリティZEROも3ライセンスしかありませんので(ウィルス対策ソフト参照)、ただで手に入ると言われるMicrosoft Security Essentialsをインストールしました。
 Microsoftを信用しないわけではありませんが、ちゃんとウィルスを検出するのか試しました。
 ホストOSからゲストOSのWindowsXPへネットワークドライブを接続し、Eicar Test Virusをコピーしました。
 するとゲストのWindowsXPに表示されました。どうやらちゃんとウィルスを検出してくれるようです。
2009123101.png
 ウィルス対策ソフトもタダで手に入る。良い時代になりました。
 さて、MacBook Proにはウィルス対策ソフト何を入れようか。
posted by Setup.exe at 19:00| Comment(0) | TrackBack(1) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

Office2003でATOKで変換中の文字色が黒く塗りつぶされて読めない

 10日ほど前、職場のPCでMicrosoft Updateをしてからというもの、Word2003、Excel2003でATOKで文字を変換すると、変換中の文字が黒く塗りつぶされてしまって読めません。とても不便です。
 Outlookで新しいメールを書くときも同じです。しかしテキスト形式、リッチテキスト形式のメールを書くときは変換文字列が黒く塗りつぶされるのですが、HTML形式だと大丈夫です。変なの。
 Webで調べたところマイクロソフトのサポートオンラインにOffice 2003 SP3 を適用した後に ATOK で変換中の文字列が黒く塗りつぶされて読めなくなるというのが見つかりました。
 ATOKを既定の言語に設定していて、MS-IME2003の色設定を「ATOK」もしくは「VJE」に設定していて、Office2003 ServicePack 3を適用していると発生するそうです。
 マイクロソフトのサポートオンラインには、MS-IME 2003の「色設定」を「ATOK」から「MS-IME」に設定し直したら直るとあるのですが直りませんでした。
 MS-IME 2003の設定を変更した後ログオフ、ログオンで直りました。
 再現確認をしたところ、どうやらMS-IME2003の設定を変更した後Officeアプリケーションを一度全て終了させなくてはいけないようです。
 10日間不便だった。
posted by Setup.exe at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

MS-IME 2007

 職場でMicrosoft Office Project 2007をインストールしたら、MS-IME 2007が自動的にインストールされてしまいました。
 MS-IME 2007で「にしかわあやこ」を変換しましたが、「西川史子」に変換してもらえませんでした。
 ここはATOK 2009に軍配が上がりました(ATOK2009 For Macを試す参照)。


ATOK 2009 for Windows 通常版

ATOK 2009 for Windows 通常版

  • 出版社/メーカー: ジャストシステム
  • メディア: CD-ROM



ATOK 2009 for Mac 通常版

ATOK 2009 for Mac 通常版

  • 出版社/メーカー: ジャストシステム
  • メディア: CD-ROM




Microsoft Office Project Standard 2007

Microsoft Office Project Standard 2007

  • 出版社/メーカー: マイクロソフト
  • メディア: CD-ROM



タグ:MS-IME ATOK 2009
posted by Setup.exe at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

クローズしていないDVD-RWのWin DVDによる再生

 RDX-8でデジタル録画した番組を、VR形式でダビングしたDVD-RWをWin DVD 8で再生して視聴しておりました。
 ふとExplorerでDVD-RWの中身を参照しようとしたところ、「ファンクションが間違っています。」メッセージガ表示されアクセスできません。
 DVD-RWをクローズしていなかったのが原因のようなのですが、ファイルシステムとして認識できないDVD-RWをWin DVD 8は読み出すことが出来るのでしょうか。
 不思議不思議。

WinDVD8 Gold

WinDVD8 Gold

  • 出版社/メーカー: インタービデオジャパン
  • メディア: CD-ROM




InterVideo WinDVD 8 Platinum

InterVideo WinDVD 8 Platinum

  • 出版社/メーカー: インタービデオジャパン
  • メディア: CD-ROM



タグ:Wind DVD 8
posted by Setup.exe at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

IDEケーブルの違いによるディスクアクセスの性能

 自作PCにUltra ATA/133のハードディスクを接続しようとしたのですが、IDEケーブルが40芯タイプの物しか見あたりませんでした。
 なんでも40芯タイプのIDEケーブルだとUltra ATA/33までにしか対応していないとのことですので、これではUltra ATA/133のディスクの性能を引き出せません。
 そこで80芯タイプのIDEケーブルを物を購入して接続してみました。
 80芯タイプのケーブルを使ったときの性能がいかほどか、40芯タイプのケーブルを使ったときと比べてみました。
 hdbenchを使ってディスクアクセスの性能を40芯ケーブルで接続した場合と80芯ケーブルで接続した場合を比較してみました。

40芯の場合
Read Write Copy Drive
26631 23399 1831 D:\100MB
80芯の場合
Read Write Copy Drive
28739 30466 1997 D:\100MB

80芯の方が読み書きもコピーも速いことがわかりました。hdbenchのディスクアクセスのベンチマークは1秒間の転送バイト(KByte/s)を測定していますので、たとえばWriteであれば、30466-23399=7067(Kbyte/s)で1秒間に7MB以上も多く書き込めることになります。
ケーブル1本に1000円近くかかりましたが、購入して正解です。まあ体感的にどのくらい違いがあるかわかりませんが・・・。
しかしそう考えると外付けFireWire接続HDDの性能についてでMacへ接続した外付けHDDの性能を内蔵HDDと比べた結果は、歴然としておりましたね。
 メインで使うシステムを全て外付けに移して、内蔵はOS遊びに使おうかと思っていたのですが・・・。
タグ:IDEケーブル
posted by Setup.exe at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

Windows 7 RC1のVirtualPC for Macへのインストール

 Windows 7 RC1をダウンロードして、自作PCへのインストールを試してみたらあっさりインストールできてしまったので、今度はVirtualPC for Macへのインストールを試みました。
 OSの選択でWindowsXP Professionalを選択し、メモリは512MB確保しました。
 ところがインストール途中で
「Status: 0xc0000225 Info: Windows failed to load because the firmware (BIOS) is not ACPI compatible.」
などとメッセージが表示されてインストールが止まってしまいました。
どうしたことでしょう。
2009051100.gif
posted by Setup.exe at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

Windows 7 RC1の自作PCへのインストール

 Windows 7 RC1をダウンロードして、自作PCへのインストールを試みました。あっさりインストールできてしまったのであまりおもしろくありませんでした。
 自作PCの構成は下記の通り。

CPU   Pentium4 2.4GHz
メモリ  1GB
M/B   AX4SG-N

DVDドライブは先日購入したアイ・オーデータのDVR-AN20GLです。

 PCI接続のSCSIボードAHA-2940AUが認識されなかったので、AdaptecのサイトからWindows Vista用のドライバをダウンロードしてインストールしました。
 他にもオーディオデバイスとintel 82801EB LPC Interface Controller 24D0とかいうのが認識されておりません。
 後者についてはVistaでも問題になっていたような・・・。
posted by Setup.exe at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

LOOX T70HによるCPRMコンテンツの再生

 地上デジタル放送をVRフォーマットで録画したDVDを、FMV-BIBLO LOOX T70HでWinDVD 8を使って再生しようとしたところ、外部ディスプレイでしか再生できませんでした(WinDVD 8によるVRフォーマットのDVD再生 その2参照)。
 LOOX T70Hのディスプレイアダプタはチップセット内蔵のIntel 82852/82855 GM/GME グラフィックコントローラですが、最新のドライバーをダウンロードしてインストールしたところ、VRフォーマットで地デジ放送を録画したDVDが、LOOX標準のディスプレイで再生できるようになりました。
 FMV-BIBLO LOOX T70Hを利用している皆さん、朗報です。
 FMV-BIBLO LOOX T70HもDVD再生ソフトとディスプレイドライバ次第でCPRMコンテンツが再生できることがわかりました。
 でも2004年夏モデルを今でも使っている人、どのくらいいるのでしょう。
posted by Setup.exe at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

WinDVD 8によるVRフォーマットのDVD再生 その2

 CPRM再生に対応したドライブと再生ソフトがあっても、地上デジタル番組を録画したVRフォーマットのDVDの再生がでなかったのですが(WinDVD 8によるVRフォーマットのDVD再生参照)、ネットで調べたところ、どうやら地デジを録画したDVDなどのCPRMコンテンツを再生するには、ビデオカードもHDCP対応とか言う物でないといけないとのことです。
 しかしディスプレイ出力をアナログにするとビデオカードがHDCPに対応していなくてもよいとのことです。
 そこでWinDVD 8をインストールしたLOOX T70Hに外部ディスプレイを接続したところ、晴れて再生することが出来ました。
 富士通のホームページでは、LOOX T70Hの内蔵DVDマルチドライブはCPRM対応していないと情報があったのですが(http://www.fmworld.net/product/hard/pcpm0404/biblo_loox/lt/method/index.html)、再生ソフトがあれば外部ディスプレイではCPRMコンテンツが再生できることがわかりました。
 とりあえず東芝のHDDレコーダーVARDIA RD-X8で録画した地上デジタル放送はVRフォーマットで録画すればLOOX T70Hで再生できることがわかりましたので、今後VRフォーマットでDVDへ書き出して保存することにします。
posted by Setup.exe at 16:00| Comment(4) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

WinDVD 8によるVRフォーマットのDVD再生

 VRフォーマットでDVDへ書き出した地上デジタル番組をPCで再生するには、CPRMに対応したドライブと再生ソフトが必要であるとのことがわかったので(HDDレコーダーからDVDへのダビング参照)、DVD再生ソフトが添付されたDVDドライブをヨドバシカメラで購入してきました。
 アイ・オーデータDVR-AN20GLという製品です。再生ソフトはInter Video WinDVD 8が付属しておりました。
 内蔵型ですので、自作PCの筐体を開けて取り付けなくてはいけないのですが、面倒くさいので手持ちのノートPC、FMV-BIBLO LOOX T70HにWinDVD 8をインストールしました。
 付属のWinDVD 8はそのままではCPRMプロテクトされたDVDは再生出来ませんでした。CPRM Packというのをインターネット経由でダウンロードしなくてはいけません。しかし販売元のサイトが混雑していてダウンロードに苦労しました。夕方から夜中の2時頃までダウンロードを試みてやっとダウンロードサイトにつながりました。
 晴れてLOOX T70HにWinDVD 8とCPRM Packのインストールが完了したのですが、地デジ放送をVRフォーマットで録画したDVDを再生すると、今度は「使用しているディスプレイ環境は保護されているコンテンツの再生をサポートしておりません。」などとメッセージが表示されて再生することが出来ません。
2009042500.gif
 どうしたことでしょう。
posted by Setup.exe at 15:16| Comment(1) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

シリアルマウスの不思議

 ひょんなことからPS/2マウスを変換アダプタでシリアルポートへ接続することを試しました(シリアルマウス接続時のIntelliPointの利用参照)。
 PS/2マウスのシリアル変換アダプタ(シリアルポートのPS/2変換アダプタ?)が自宅にあったのですが、遠い昔インテリマウスに付属してきた物でした。このシリアル変換アダプタでPS/2マウスを接続するのですが、PCから認識されるマウスとされないマウスがあります。
 ネットで調べたところ、PS/2マウス全てがシリアル変換アダプタが利用できるわけではないようです。
 マウス側でシリアルポート接続に対応している必要があるそうです。
 下記リンク掲示板が参考になりました。
posted by Setup.exe at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

シリアルマウス接続時のIntelliPointの利用

 PS/2マウスを接続していないとIntelliPointが読み込まれないことがわかりました(ホイールボタンによるオートスクロールの不思議参照)。
 職場のPCにはPS/2ポートがついておらず、USBマウスを接続していたのでIntelliPointが有効にならず、Explorerでオートスクロールが使えなかったようです。
 IntelliPointさえ有効になれば、USBマウスでもExplorerでオートスクロールが使える様になるはずです。
 そこで、自宅のPCにPS/2マウスが接続されていない状態で、シリアルマウス(PS/2マウスをシリアル変換アダプタでシリアルポートへ接続)を接続してみました。IntelliPointが有効になってExplorerでオートスクロールが使える様になりました。
 会社のPCでも試してみよう。
 ちなみにノートPCの場合、大抵は内蔵のスライドパッドやらトラックポイントがPS/2接続になってますので(最近のノートPCはわかりませんが)、IntelliPointをインストールすれば有効になります。
posted by Setup.exe at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

ホイールボタンによるオートスクロールの不思議

 職場のPCがリプレースされてから、Explorerでオートスクロールが利用できなくて不便だったので(ホイールボタンによるオートスクロール参照)、USB Travel Keyboard with UltraNavを購入したのですが(USB Travel Keyboard with UltraNavの購入参照)、ここへきてホイールボタン押下によるオートスクロールについてわかったことがありました。
 自宅のPCでもPS/2マウスが接続されていないとExplorerでオートスクロールが有効になりません。それどころか、そもそもIntelliPoint4.1が読み込まれていないようです。
IntelliPointをインストールすると、「マウスのプロパティ」画面がパワーアップされるはずです。
2009032100.gif
 しかしPS/2マウスを接続しないと「マウスのプロパティ画面」はIntelliPointインストール前と同じOS標準の画面なのです。
2009032101.gif
 PS/2マウスを接続しておくと、IntelliPointが読み込まれてUSBのホイールマウスでもちゃんとExplorerでオートスクロールが使える様になります。
 不思議不思議。
posted by Setup.exe at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

リモートデスクトップとVNCの併用

 我が家のブロードバンドルータ兼ファイルサーバになっているPCはWindowsXP ProfessionalEditionなので、標準でリモートデスクトップサービスがインストールされ、リモートデスクトップで他のPCから接続することが出来ます。このPCをセットアップとき、あまり深いことを考えず、VNCサーバもインストールしております。
 既にログオン済みの状態で、リモートデスクトップでPCへ接続すると、PCの画面はロックされた状態になります。この状態になるとVNCのビューアでは接続しても画面は真っ暗で操作できません。
 リモートデスクトップで接続中だとVNCでも接続して操作をすることが出来ます。
 納得がいくようないかないような・・・。
posted by Setup.exe at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

ウィルスセキュリティZEROの例外設定

 「VNC」をマルウェアと認識してファイルを隔離してしまうウィルスセキュリティZERO(ウィルスセキュリティZERO参照)ですが、ちゃんとファイルやディレクトリをウィルス検査の対象外とする設定が出来ました。
 ウィルスセキュリティZEROの設定とお知らせ画面の「ウィルスとスパイウェアから守る」を表示させます。
2008121100.gif
 ここで「設定」ボタンをクリックします。
2008121101.gif
すると「ウィルスセキュリティオプション」画面が表示されます。
ここで「検査したくないファイル、フォルダを指定する」というアンカーをクリックすると検査を除外するファイルやディレクトリを指定する画面が表示されます。
最近のアプリケーションは見栄えはいいのですが、ボタンとかアンカー(っていう呼び方正しいですか?ブラウザでホームページを表示したときのリンクみたいなヤツ)が混在していてわかりにくいことがありますね。
posted by Setup.exe at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

ウィルスセキュリティZERO

 ウィルスセキュリティZEROをインストールしました。インストールしたPCはブロードバンドルータ兼ファイルサーバになっているのですが、インストールした途端、我が家のPCが全てインターネットへのアクセスが出来なくなりました。
 このウィルスセキュリティZEROはなかなか高機能で、ファイアウォール機能が有効になったためにブロードバンドルータ代わりになっているこのPCへ他のPCからのアクセスが出来なくなってしまったのでした。
 ウィルスセキュリティZEROのファイアウォール機能には「インターネット接続共有に最適な設定を適用する」などという機能もあり、いろいろ便利な設定が出来そうですが、めんどくさいのでファイアウォール機能は無効にしてしまいました。
 そもそもブロードバンドルータ代わりにしているこのPCはWindowsファイアウォールを有効にしているので問題ないでしょう。
 問題なのは、リモートコントロールするアプリケーション「VNC」をマルウェアと認識してしまうのです。VNCのサーバはサービスとして常駐しているため、ファイルが隔離されてしまうことはないのですが、クライアントであるビューアは、隔離されてしまいどこかへ行ってしまいます。
 どうしたことでしょう。
posted by Setup.exe at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

Windowsアップデートをしたら通常使う日本語入力システムがMS-IMEになってしまう

 職場ではWindowsXPにATOK2008を通常使う日本語入力システムとして利用しております。先日Windowsアップデートを行ったところ、あらゆるアプリケーションで通常使う日本語入力システムがMS-IMEになってしまいました。どうしたことでしょう。
 自宅へ帰り、自宅のPCでもWindowsアップデートを行いましたが、このときは日本語入力システムに特に変化はありませんでした。
 どうやらMicrosoftの陰謀ではなかったようです。

posted by Setup.exe at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。