2020年02月15日

Sophos Anti-Virus for Macのアンインストール&Sophos Homeのインストール

 自宅のMacはPowerPC時代から長年Sophos Anti-Virusの無償版を使っておりました(Sophos Anti Virus参照)。
 何ヶ月か前からサポートが切れたのか、パターンファイルの更新をしようとするとSophos Homeへアップデートしてくださいなどと言われるようになりました。
 アンインストールはSophosのナレッジに手順があったので問題なく出来ました。
 Sophos HomeのインストールもSophosのホームページでユーザ登録しインストーラをダウンロードして起動すれば簡単にインストール出来ました。
 ただ、インストールが完了すると「アクセスを許可してください…」などと画面が表示されます。
2020021500.png
 システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」-「プライバシー』を表示して「アクセスを許可してください…」画面の「これをドラッグ」をホントにシステム環境設定画の「プライバシー」画面へドラッグ&ドロップします。
 しかし何も起こりません。
 何度か繰り返した後、おもむろに「プライバシー」画面の「+」をクリックしました。
2020021501.png
 するとSophos関連のアプリケーションが登録されました。
2020021502.png
 よくわかりませんが、勝手にフルスキャンが動いて脅威は見つかりませんでした。どうやら正常にインストール出来たようです。
 2020021503.png
 でもSophos Anti-Virus for Macのときは、Mailの添付ファイルにウィルスを一杯検知していたような・・・。
posted by Setup.exe at 16:12| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

Catalinaを外付けSSDから起動した感想

 晴れてMac miniでCatalinaを内蔵HDDから外付けSSDへ移行出来たのですが(MacMiniの内蔵HDDから外付けSSDへの移行(その2)参照)、使い心地はどうでしょうか。
 内蔵HDDから起動しているときは、OSの起動やsafari、Operaブラウザ、Outlookの起動に時間がかかってイライラしていたのですが、SSDからはさくさく起動してとても快適です。
 移行して正解だと思います。
 ただ、内蔵HDDへも試しにCatalinaをインストールしてみたのですが、こちらもさくさく動作します。
 今回、Time Machineのバックアップ対象外にしていたVirtualBoxのディスクイメージとエロ動画が消失したのですが、それまで1TBのHDDに空き容量が150GB程度しかありませんでした。
 空き容量を確保すればSSDでなくHDDでも軽快に動作していたのではと思います。
 エロ動画はともかく、VirtualBoxのディスクイメージは故障気味の別のHDDにバックアップがあり、何度かコピーに失敗しましたが幸い復旧できました。
 50GB程度のVirtualBoxのディスクイメージをSSD内でコピーしたら、ホントに一瞬でコピーが完了しました。これにはびっくりしました。SSDってすごいですね。
ラベル:catalina Mac mini ssd
posted by Setup.exe at 20:00| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

MacMiniの内蔵HDDから外付けSSDへの移行(その2)

 愛機MacMiniの内蔵HDDから外付けSSDへの移行を試みていたら起動しなくなってしまったのですが(MacMiniの内蔵HDDから外付けSSDへの移行参照)、もうどうにもならないのでAppleのサポートへ問いあわせました。
 結局サポートからは、外付けSSDに一度OSをインストールして内蔵HDDとTime Machineが無事かを確認して、それから移行をするように言われました。
 command+R キーを押下しながら電源を投入してmacOS Utilitiesが起動したら、まずディスクユーティリティを起動して外付けSSDをフォーマットし、それからOSをインストールしました。
 これでとりあえず無事外付けSSDからCatalinaを起動することが出来ました。
 その後外付けSSDから起動したCatalina上で移行アシスタントを起動し、移行元にTime Machineを指定して復元をしました。
 残り時間30時間などと出力されてマジかよと思いましたが、結局6時間程度で復元は終わったと思います。
2020021100.png
 移行アシスタントでの復元の過程で再起動がかかるのですが、再起動後OSが起動してきません。
 車両通行止めのマークと?が書かれたフォルダのマークが点滅して表示されてしまいます。
2020021101.png
 もう一度command+R キーを押下しながら電源を投入してmacOS Utilitiesを起動し、外付けSSDへOSを上書きインストールしました。
 これで晴れて外付けSSDから元の環境を起動できるようになりました。
 さて、元々の内蔵HDDにはTime Machineのバックアップ対象外にしているディレクトリもありました。
 これらは内蔵HDDには残っておらずどこかへ行ってしまいました。
 どうしたことでしょう。
 外付けSSDへOSをインストールするだけなのに何故このような状況になってしまったのでしょう。
posted by Setup.exe at 10:42| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする

MacMiniの内蔵HDDから外付けSSDへの移行

 私の愛機Mac mini (Late 2014)もかれこれ5年以上使用しており、動作が緩慢になっていると感じておりました。
 そこで起動ドライブまるごとSSDへ移行してしまえば、動作が速くなるのではと思い、外付けのSSDを購入しました。
 内蔵HDDをSSDへ換装することも出来るようですが、私にはちょっとハードルが高いと思い、はなっからやる気はありませんでした。
 購入したSSDはバッファロー製1TBのSSD-PG1.0U3-B/NL。Amazonで¥9,990 円で購入しました。
 内蔵HDDを外付けSSDへコピーすればよいと思い、「旧型iMac・MacBookを外付けSSDから起動して高速化する方法!環境持ち運びもできる!」というページに倣って外付けSSDをフォーマット後、「設定」→「ソフトウェアアップデート」からCatalinaをダウンロードし、外付けSSDへのインストールを選択してインストーラーを起動しました。
 インストールが終わって(?)、外付けSSDから起動してきたところで、「このMacに情報を転送」で内蔵HDDのMacintosh HDを転送元に設定してデータの移行を行いました。
 しかし、何時間かして残り時間が64時間となってから全く進みません。ここで諦めて強制電源断をしてしまいました。ホントに64時間待てば上手くいったのでしょうか。
 起動しようとすると外付けSSDから起動されるのですが、リンゴの画面のでインジケータが途中で止まってしまいます。
2020020900.jpg
 Optionキーを押下しながら起動すると、起動ボリュームとして元々の内蔵HDDである「Macintosh HD」が見えるので、これを選ぶと今度は車両通行止めのマークが表示されて起動できません。
2020020902.png
 どうしたことでしょう。
posted by Setup.exe at 00:51| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

CatalinaにアップデートしたらChromeリモートデスクトップで接続できなくなった

 愛機MacMiniをCatalinaへアップデートしたところ(iOSを13.1へアップデートしたらMacでリマインダーが見られなくなったがMacをCatalinaにしたら見られるようになった参照)、Chromeリモートデスクトップで他のデバイスから接続できなくなってしまいました。
 正確には、iPhoneなどからChromeリモートデスクトップアプリでログイン出来るのですが、画面が真っ暗のままで何も見えません。しかしマウスポインタはChromeリモートデスクトップアプリ上に表示はされます。
 サービスの停止・開始をしましたが(操作方法はChromeリモートデスクトップを試す参照)ダメです。
 CatalinaでChromeリモートデスクトップを使う方法をググってみたら、「macOS CatalinaにChrome リモート デスクトップで接続する」というページが見つかりました。
 上記ページにある通り、「システム環境設定」を立ち上げて「セキュリティとプライバシー」ー「プライバシー」ー「アクセシビリティ」で、「sh」という項目がいつの間にか出来ているので、こちらをチェックしました。
 するとChromeリモートデスクトップでMacMiniへ接続して、MacMiniの画面が表示されるようになりました。しかし参照だけで操作ができません。
 上記ページをもう一度よく読んでみると、「システム環境設定」の「セキュリティとプライバシー」ー「プライバシー」ー「画面収録」にも「sh」という項目があるので、これにもチェックを入れました。
 これで晴れてCatalinaにアップデートしたMacMiniへChromeリモートデスクトップでアクセス出来るようになりました。
posted by Setup.exe at 21:38| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

CatalinaへのOffice 2019のインストール

 愛機Mac miniをmacOS CatalinaにアップデートしたらMicrosoft Office 2011が起動できなくなったので(Mac miniをmacOS CatalinaにしたらMicrosoft Office 2011が使えなくなった参照)、Office 2019をインストールしました。
 Excel、Outlookを最初に起動すると「マイクロソフト Excelは、キーチェーン内の"Microsoft Identity ほにゃらら"に保存されている機密情報を使用しようとしています。"というメッセージガ表示され、パスワードを求められてしまうようになりました。
2019102301.png
2019102300.png
 パスワードを入力して「許可」ボタンをクリックしても何度も何度もパスワードを求められたのですが、「常に許可」ボタンをクリックすることで一発起動できるようになりました。
 Outlook 2011からのデータ移行は、Office 2019のインストーラ起動時に「このコンピュータ上のOutlook 2011 データ」を選択してやれば、Outlook 2011のメールデータは全て移行されました。
 でも予定表とか連絡先は移行されていませんでした。
 不自由していないので放っておいています。
posted by Setup.exe at 21:01| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

Mac miniをmacOS CatalinaにしたらMicrosoft Office 2011が使えなくなった

 愛機Mac miniをmacOS Catalinaにアップデートしました(iOSを13.1へアップデートしたらMacでリマインダーが見られなくなったがMacをCatalinaにしたら見られるようになった参照)。
 Catalinaにアップデートしてから他にも色々気がついたことはあるのですが、Microsoft Office 2011が起動できなくなってしまいました。
2019101301.png
 これでは毎晩寝る前に書いているデスノートを書くことが出来ません。
 Toast 10 Titaniumなど他にも使えないアプリがたくさんあります。
 これは困りました。
posted by Setup.exe at 00:00| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

iOSを13.1へアップデートしたらMacでリマインダーが見られなくなったがMacをCatalinaにしたら見られるようになった

 iPhone8のIOSを13.1へアップデートしたら、Macでリマインダーが見られなくなったのですが(iOSを13.1へアップデートしたらMacでリマインダーが見られなくなった参照)、MacをCatalinaにアップデートしたら、無事Macでもリマインダーが見られるようになりました。
2019101300.png
 新しくなったリマインダーは何かいろいろ出来るみたいですがよくわかりません。
posted by Setup.exe at 10:33| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

iOSを13.1へアップデートしたらMacでリマインダーが見られなくなった

 iPhoneをiOS13.1へアップデート後、リマインダーを起動したら、「新機能にはアップグレードが必要です」などと表示されました。
2019092601.png
 詳しい情報を読んでみると、自分が使っている古いバージョンのiOS、macOSもバージョンアップが必要のようです。
 MacMiniでリマインダーを表示すると、「このリストの作成者が、リマインダーをアップグレードしました。」などと表示され、登録されていたリマインダーが消えてしまっています。
2019092603.png
 愛機MacMiniもしばらくOSのアップデートをしていなかったので、MacMiniもOSのアップデートを行いmacOS Mojave10.14.6になりました。
 しかし、それでもリマインダーが表示できません。
 サポートページ(https://support.apple.com/ja-jp/HT210220)を読んでみると、macOS 10.15 Catalinaでないと新しいリマインダーは使えないようです。
 最新のOSにアップデートしようとしたのですが、どうやら今アップデートしたmacOS Mojave10.14.6が最新のようです。
 アップルのサイトのmacOSの紹介ページを見たらmacOS 10.15 Catalinaは10月にならないと使えないようです。
 来週まで我慢しないといけないのですね。
2019092604.png
posted by Setup.exe at 21:00| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

私のMac miniも令和対応しました

 macOS 10.14.5アップデートを適用したら、私のMac miniも令和対応しました。
2019052300.png
2019052301.png
posted by Setup.exe at 18:15| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

Macの令和対応

 令和元年になって早2週間。
 私のiMacの環境はMojave 10.14.1環境ですが、まだ令和に対応しておりません。
 いつ対応するのでしょう。
2019051800.png
ラベル:元号 Mac 令和
posted by Setup.exe at 09:42| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2019年04月26日

モバイルモニター購入

 2LDKのアパートへ引っ越してから、ディスプレイの設置場所がないため、Mac miniはタブレットやノートPCからVNCで接続して利用していたのですが(Windows10タブレットからMacMiniへのVNCでの接続参照)。
 いつまでもこれでは不便なので、Amazonでモバイルモニターを購入しました。
 cocopar®13.3インチIPS全視野モニター1920*1080 LED(16:9)HDMI PS3/PS4/xbox360/Raspberry Pi対応 ゲーム高解像度ビデオモニタ
 Mac MiniにHDMIケーブルで接続してすぐ使えて画質も申し分なかったのですが、ちょっと使いにくいです。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f72.jpg
 音量がモニター本体からでしか変更が出来ず、MacOS側から変更することが出来ません。
 また、モニターを設置するための携帯スタンドが
チャチで不安定。すぐ倒れてしまいます。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f75.jpgUNADJUSTEDNONRAW_thumb_3f78.jpg
 ¥15,800円と比較的価格を抑えて購入したので致し方ないところでしょうか。
 まあ、これでリビングのテーブルでMac Miniを使って作業が出来るようになりました。
 使い終わったらこんな風に片付けております。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3a33.jpg
posted by Setup.exe at 01:00| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

Windows10タブレットからMacMiniへのVNCでの接続

 MacMiniにはディスプレイとして45インチのAQUOSを接続しているのですが(MacMiniのAQUOS 4T-C45AJ1への接続参照)、色々と使い勝手が悪いため、当面MacMiniは手持ちのWindows10タブレット(lenovo miix 2 8)からVNCでリモート接続して利用することにしました。
 Mac側(私のMacMiniは現在macOS Sierra 10.12.6)ではシステム環境設定の「共有」で、「画面共有」にチェックを入れればVNCで接続可能です。
 ちなみにWindowsタブレット上のVNCViewは少し古いですがVNC@View 5.2.3(r8648)32bitです。
 MacMiniの解像度は1920×1080、lenovo miix 2 8の解像度は1280×800なので、VNCViewでMacMiniの画面を見ると随分縮小されて見えてしまいます。
 また、画面の表示が反映されるのも若干遅いのでやっぱり使いにくいです。
ラベル:VNC VNCView
posted by Setup.exe at 01:03| Comment(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

OS X YosemiteへアップデートしたらPX-402Aで印刷できない

 愛機MacBookPro13インチをOS X10.10 Yosemiteへアップデートしました。
 結構時間をかけてアップデートした後、EPSON PX-402Aから印刷をしようとしたところ、データを送信中のまま先に進みません。
 プリンタユーティリティ(Epson Printer Utility)を起動すると、「通信エラーが発生しました。」などと言われます。
 エプソンのPX-402Aドライバダウンロードのページを参照すると、2014年9月4日公開のバージョン9.29が最新のようなのでこれをダウンロード、インストールしました。しかし改善されません。
 エプソンの同ページに、「USB接続時印刷不可対応パッチ」なるものも公開されており、これをダウンロード、インストールすることにより改善しました。公開日が2014年8月12日で、上記のプリンタドライバよりも先に公開されているものです。せっかくならプリンタドライバに一緒に入れてくれればいいのに・・・。
posted by Setup.exe at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

Firefoxへ乗り換えた

 Opera17.0にしたらツールバーとかブックマークがなくなってしまったので(Opera17.0参照)、Firefoxへ乗り換えました。
 以前、FireFoxを使っているとExposeが使えなくなるという症状が発生しましたが(Firefoxを使っているとExposeが起動できなくなる参照)、OSをLionにしたせいか、最新のFireFox3.6.28がよいのか症状が出なくなりました。
 FireFoxに変えたおかげでパン(オートスクロール)も使えるようになり(FireFoxの利点参照)、とりあえず満足いく環境を得ることができました。
 でもOperaも長年使って愛着もあるので、また使いやすくなって戻ってきて欲しいです。
posted by Setup.exe at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

Opera17.0

私はMacでもWindowsでもブラウザはOperaを愛用しております。
久しぶりにMacでOperaのバージョンアップをしました。
バージョンは17.0

なんかツールバーとかブックマークとかが無くなってしまい使う気が失せました。
いったいどうしてくれよう。
posted by Setup.exe at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

Firefoxを使っているとExposeが起動できなくなる

 ファンクションキーを押下してもExposeが起動できなくなる症状(ファンクションキーでExposeが起動できなくなる参照)、間違いなくFirefoxを使っているときに頻発します。
 メインで使うブラウザをOperaからFirefoxにかえてから発生してます。
 通常使うブラウザをOperaに戻そうかと思います。
 でもOperaだと、マウスのホイールボタン押下によるパン(オートスクロール)が効かなくて不便なんですよね。
 Operaでパンが使えるようになるのが一番良いのですが・・・・。
posted by Setup.exe at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

MacBook Proへの苦言

 愛機MacBook Pro 13インチですが、ひょうんなことから外付けのFireWireで接続したHDDから起動する必要がありました。
 外付けHDDにはアクセスランプがついておりますので、OS起動中やら使用中に何かファイルにアクセスする際にはアクセスランプがチカチカします。音もガリガリいいますし。
 しかしこれって何時HDDが動いているかわかるので何か安心感があります。
 MacBook Proも以前使っていたPowerMacG4も、内蔵HDDのアクセスランプがついておらず、またHDDもとても静かなのでいつHDDががんばっているかわかりません。
 Appleさんこの私の意見参考にして製品作って欲しい。
posted by Setup.exe at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

MikuInstallerでBookshelf Basic

 普段Windows環境で使っているBookshelf BasicのMikuInstallerでの動作結果を書きます。
 Bookshelf BasicはOffice XP Personalに付属していたBookshelf Basic 2.0です。
 インストールは問題なく完了しました。
 起動すると、Bookshelf Basic のCDを挿入して下さいというメッセージが表示されます。
2011050302.png
 「ドライブ(D):」欄にCD-ROMドライブのパスを入力すれば良いのですが、Bookshelf Basicを起動する度にCDを挿入するのが煩わしいので、CDの内容をHDDにコピーして使用しております。
 MikuInstallerの(というかWineの)Windows環境は、MacのHDDの「/Users/ユーザ名/Library/Application Support/MikuInstaller/prefix/default/drive_c」配下がC:ドライブになっておりますので、適当な場所へCDの内容をコピーして、そのパスを「ドライブ(D):」欄へ入力しました。
 晴れてBookshelf Basicを起動できました。
 ただし入力欄へことえりで日本語入力すると、変換したとたんにBookshelf Basicが強制終了されてしまいます。
 入力欄へコピペで日本語を貼り付けた場合は正常に単語を調べることが出来ます。
2011050303.png
 実用に耐えられんな。
posted by Setup.exe at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

MikuInstallerでMIFES8

 Macで動くテキストエディタでどうも気に入ったものがありません。
 奇をてらってMikuInstallerを使ってMac上でWindows用MIFES8を動かしてみました。
 インストーラ(setup.exe)を使ってインストールを進めれば、ライセンス認証も含めて何の問題もなくインストールは完了しました。
 正常に起動も出来ます。
 ただ、正規のライセンスをMikuInstaller上で使ってしまうのはもったいないので即アンインストールしました。
 アンインストールも問題なく完了しました。
 MIFES8は、USBフラッシュメモリなどに実行ファイルを格納して、MIFESをインストールしたPC以外で使用することが出来ます。
 Mac上のMikuInstallerでは、このUSBへ格納したMIFES8を使用することにします。
 でも日本語入力に難あり。
 ATOK(私の環境はATOK2010)は使えないし、ことえりでもインライン入力時に変換前の文字列が表示されなかったり・・・。
 これはどのアプリケーションでも同じ症状ですがね。
2011050300.png
ラベル:MikuInstaller MIFES
posted by Setup.exe at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク