2010年03月08日

MikuInstallerでEmuZ-2500

 MikuInstallerでEmuZ-2500が動作しました。Snow Leopard環境です。
2010030800.png
 テグザーもこの通り。
2010030801.png
2010030802.png
便利ですね。
というかMZ-2500のソフトを使うことは無いので、実用性はあまりないです。

posted by Setup.exe at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MZ-2500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

MZ-2500内蔵CMTでの録音

 SHARPのパソコンPC-3100でプログラムを、WindowsのサウンドレコーダでWAV形式で保存しようとしてうまくいきませんでした(プログラムの保存参照)。
 そこでMZ-2500に内蔵のCMTでSAVEすることを試みました。PC-3100のIN端子、OUT端子を、それぞれMZ-2500のEAR端子、MIC端子へ接続しました。
 PC-3100でCSAVEコマンドを実行したら、MZ-2500のCMTのRECボタンを押下して録音をしました。しかしやはり録音されていないようです。再生しても音が聞こえません。
 マニュアルを調べたところ、ライン入力とマイク入力を切り替えるコマンドがありました。INIT "CMT:"というコマンドで切り替えるようです。次のように入力してマイク入力にしてから先ほどと同じ事をしたら、きちんと録音されたようで再生したら「ガー」と音が聞こえてきました。
INIT "CMT:1"
ちなみに書式は下記の通り。
INIT "CMT:[<録音入力>][,<操作ボタン>][,<オートプレイ>][,<オートリワインド>][,<プログラム同期>]"
 考えてみるとMZ-2500現役の頃このコマンドはほとんど使った記憶がありません。
 果たして録音が成功したのですが、PC-3100でCLOADコマンドでロードをしても読み込んでくれません。
 MZ-2500のCMTでは、アナログ信号(音声)、デジタル信号をテープの左右のチャンネルに書き分けております。MIC端子で読み込んだPC-3100からの信号は左右どちらかのチャンネルにしか書き込んでおりません。このあたりが何か関係しているのでしょうか。
posted by Setup.exe at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MZ-2500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

ハイドライド

 MZ-2500内蔵のCMT。はじめカセットテープからのロードができなかったのですが、エアダスターで掃除したら読み込めるようになりました。
 T&Eソフトのハイドライド(HYDLIDE)がこの通り起動できました。
2008121400.jpg
2008121401.jpg
2008121402.jpg
 このソフトはMZ-2000/2200モードで動作します。
posted by Setup.exe at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MZ-2500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

EmuZ-2500でテグザー

 Emuz-2500でもテグザーが動作しました。
2008092800.gif
2008092801.gif
 ハイドライド2はフロッピーディスクイメージを作成することが出来ませんでした。MZ-2500標準のフォーマットでなく特殊なフォーマットでFDが作成されているのでしょうか。
posted by Setup.exe at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | MZ-2500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

はじめてのヤフオク

 はじめてヤフオクで落札しました。MZ-2500版のテグザーとハイドライド2。いずれも5千円という強気の価格だったのでしたが、二度と手に入れるチャンスは無いと思い入札してしまいました。
 しかし1万円あればもっと違った物が買えたかもしれません。最新のATOKとかOfficeとか・・・。
 ヤフオクには他にもMZ-2500版の懐かしのゲームもたくさん出品されていたのですが、さすがに全て入札したら大変な金額になってしまうので自重しました。
 ゼビウスが無かったのは残念。
posted by Setup.exe at 10:50| Comment(0) | TrackBack(1) | MZ-2500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

EmuZ-2500起動!!

 EmuZ-2500でM25 BASICの起動が成功しました。ディスクイメージの吸い出しにditt.exeというツールを使うのですが、オプションが誤っていたようです。
 アルゴの記憶にある「MZ-2500 シリーズ ROM 作成テスト版」に含まれるテキストファイルには「ditt r /d a: ファイル名」でFDのファイルイメージを「ファイル名」に取得できるとあるのですが、このイメージではEmuZ-2500は読み込んでくれませんでした。「ditt r -d a: ファイル名」で作成したディスクイメージであれば読み込んでくれました。
M25 BASICも起動できました。
emuz-2500m25.gif
夢幻の心臓もこの通り。
emuz-2500mugen.gif
posted by Setup.exe at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MZ-2500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

IPL ROMの吸い出し

 EmuZ-2500を動かそうと試みたのですが動作しませんでした(EmuZ-2500参照)。手順の中で実機から吸い上げたIPL.ROMとKANJI.ROMに問題があるのではないかと思い、別の手段でのROM吸い出しを試みました。EmuZ-2500 (仮) 謎WIPページの「更新履歴代わりの謎日記」にRS-232Cポートを用いた、M25 BASICのROM転送プログラムがありました。このプログラムを使ってPCにシリアルポート経由でのROM転送を行いました。RS-232Cケーブルは、SHARP Zaurusのパソコンとの連携ケーブル「CE-150TS」を使いました。このケーブルは私の父親が購入した物です。全く我が家にはいろいろながらくたが置いてあるものです。
ce-150ts.jpg
 私も「更新履歴代わりの謎日記」と同じように受信側のPCではTeraTermを用いました。このM25 BASICのプログラムで転送すると、TeraTermのログには1バイトの文字コードが16進表記の文字列で出力されます(文字コードが0xC3であれば、「C3」という文字列で)。
 このテキストファイルを、PC上でバイナリに変換するプログラムを作って変換し、IPL.ROM、KANJI.ROMとしEmuZ-2500を起動したところ、IPLが動作して起動Diskを求める画面が表示されました。
emuz-2500loaderr.gif
 しかしM25 BASICのシステムディスクイメージを仮想ディスクとして指定しても読み込んでくれません。
 前回(EmuZ-2500参照)は、IPL.ROM、KANJI.ROM、M25 BASICシステムディスクいずれもditt.exeを使ってイメージファイルにしました。ditt.exeの使い方が誤っていたのでしょうか?もう一度ディスクイメージの作成からやり直してみようと思います。
posted by Setup.exe at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | MZ-2500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

パソコンの起動時間

 会社のパソコンPentium4の3Ghzなのですが、起動時間にすごく時間がかかります。ログオンしてからハードディスクがおとなしくなるまでに5分程度はかかっているかと思います。
 自宅で使っているiMacG5もデスクトップが表示されるのに1分程度かかります。
 ところがMZ-2500はM25 BASICが起動してくるのに20秒しかかかりません。
 さすがはSuperMZ。WindowsもMacも見習って欲しいものです。
タグ:MZ-2500
posted by Setup.exe at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | MZ-2500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

EmuZ-2500

 MZ-2500のエミュレータ「EmuZ-2500」なるものが存在するそうです。Windows上で動作するそうなのですが、起動するにはMZ-2500本体から各種ROMを吸い出してファイル化する必要があるそうです。
 MZ-2500からROMを吸い出すには、アルゴの記憶にある「MZ-2500 シリーズ ROM 作成テスト版」(以後ROM吸い出しツール)を使います。MZ-2500で動作するROM吸い出しツールをMZ-2500で読める2DDのFDへ納めるために、DOSで動作するdittというツールでディスクイメージごとFDへ書き込みます。これはWindows2000やXPのコマンドプロンプトでは動作しないそうで、久しぶりにWindows98の起動ディスクでコンピュータを起動しました。空の2DDのフロッピーディスクが手元になかったので、2HDのFDのライトプロテクトノッチの反対側の穴をセロハンテープでふさいで使いました。
 このディスク吸い出しツールは、M25 BASIC SYSTEM DISKでMZ-2500を起動してから起動するのですが、吸い出しにはずいぶん時間がかかりました。
 吸い出したROMはMZ-2500で読めるFDへ書き込まれるのですが、今度はこれをdittでディスクイメージとして書き出します。これをROM吸い出しツールのgetrom.batで変換します。
しかし、変換されたROMをEmuZ-2500(mz-2500.exe)と同一ディレクトリへ保存してEmuZ-2500を起動しても、IPLが動きません。どうやら吸い上げたROMをきちんと読み込んでいないようです。
posted by Setup.exe at 00:30| Comment(4) | TrackBack(0) | MZ-2500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

日付と時刻の修正

 さすがに10何年も電源を入れていなかったMZは、日付が狂っておりました。date$という文字列変数に正しい年月日を入力すれば日付は修正できます。これっていわゆる環境変数の一つでしょうか?当時は環境変数という言葉を知りませんでした。
 ここで、当時使っていたFDのファイル一覧を「files」コマンドで参照しました。
mzfiles.jpg
 すると、ファイルのタイムスタンプが'62とか'63になっております。当時私はMZ-2500の日付を和暦で設定していたようです。これにはおかしくて笑ってしまいました。
タグ:MZ-2500
posted by Setup.exe at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | MZ-2500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

MZ-2500起動!!

 FDを認識せず起動が出来なかったMZ-2500。筐体を開けて中身を掃除機で掃除することにしました。ゴミ捨て場に落ちている写らなくなったテレビなども、中を掃除機で掃除すると大抵は写るようになってしまうものです(これホント)。
mzsouji.jpg
 これは増設RAMボードMZ-1R26と増設ビデオRAMボードMZ-1R27です。20年以上前、お年玉を握りしめて秋葉原へ購入に行った覚えがあります。
mzextmem.jpg
 問題のFDドライブを取り出し、エアダスターと掃除機で掃除をしました。もの凄くほこりがたまっておりました。
mzfdd.jpg
 掃除をした後電源を投入すると、おっFDを読み込んだ。
m25load.jpg
 無事起動してきました。
m25boot.jpg これからも遊べそうです。
タグ:MZ-2500
posted by Setup.exe at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | MZ-2500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

古のコンピュータMZ-2500

 千葉の流山に物置があるのですが、今年の年明けに物置の借り手が決まったので荷物を実家へ引き上げることになりました。
 荷物の整理が落ち着いたので、荷物の中のMZ-2500をセットアップすることにしました。MZ-2500についてご存じない方は「MZ-2500」でぐぐってください。史上最強の8bitマシンと謳われたSHARPの最終兵器です。
 CPUは6MHzのZ80Bを搭載し、メインメモリは標準でなんと128KB搭載。増設すれば最大256KB!!。これはもう天文学的な容量ですね。3.5インチの2DDマイクロフロッピーディスクドライブを標準で2機搭載し、さらにCMTも搭載するという異色の構成。グラフィックは、ビデオメモリを標準で64KB搭載(最大128KB)し、320×200ドットで256色同時発色で、640×400ドットの高精細モードも持ち合わせております。さらにRS-232Cポートを標準で2ポート持っており、先進的な特徴は枚挙に遑がありません。
mz2500.jpg
 結線した後、起動FD(M25 BASIC SYSTEM DISK)をFDドライブにセットして電源を投入したのですが、次の画面が表示され起動できません。
mzbootselect.jpg
 どうやらFDを認識していないようです。
 こうなるとせっかくの高性能マシンも何も出来ません。さすがはクリーンコンピュータMZ。
タグ:MZ-2500
posted by Setup.exe at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | MZ-2500 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。