2007年06月03日

VirtualPC for MacでのSecond Lifeの起動

 VMWareのゲストOSでのSecond Lifeの起動はうまくいかなかったのですが(VMWareでのSecond Lifeの起動参照)、性懲りもなく今度はiMacG5にインストールされたVirtualPCのゲストOSであるWindows2000へのSecond Lifeのインストールを試みました。
 DirectXをインストール後に起動したのですが、「Second Life is unable to run because your video card drivers are out date or unsupported.Please make sure you have the latest video card drivers installed.」というメッセーが表示され、VMWareのときと全く同じでした。
posted by Setup.exe at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

VMWareでのSecond Lifeの起動

 最近職場の一部の同僚の間でSecond Lifeがはやっております。同僚のひとりはSecond Lifeの世界で金儲けをもくろんでおり、アバター(Second Lifeの世界ではキャラクターをアバターと呼びます)をたくさん作ってそれぞれのアバターに何か仕事をさせようとしております。しかし、Second Lifeのウィンドウは一つしか起動できませんし、一つの一つのウィンドウ内では一つのアバターしか扱うことしかできません。従ってたくさんのアバターに仕事をさせるにはアバターの数だけコンピュータが必要になってしまいます。そこでVMWareなどの仮想環境でのSecond Lifeの起動を思いつきました。さっそくVMWareで試すことにしました。
VMWare上のゲストOSであるWindows2000にSecond Lifeをインストールしたところ、「ダイナミックリンクライブラリ DINPUT8.DLLが指定されたパス ほにゃらら に見つかりませんでした。」などというメッセージが表示されてしまいました。
調べたところ、DirectXがインストールされていないときに表示されるメッセージだそうです。DirectXをインストールした後に再度Second Lifeの起動を試みたところ、今度は「Second Life is unable to run because your video card drivers are out date or unsupported.Please make sure you have the latest video card drivers installed.」などというメッセージが表示されました。
どうやらVMWareのビデオカードがDirectXに対応していないことが原因のようです。
 残念。というかちょっと調べれば試すまでもありませんでしたね。
ラベル:Second Life VMware
posted by Setup.exe at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Second Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。